鹿児島県黒豚生産者協議会 group

生産者を代表して

私たち、鹿児島県黒豚生産者協議会の生産者は、先人達が時代の逆風に立ち向かい、築き上げた「かごしま黒豚」と先人達の意志を受け継ぎ、「美味しい本物の“かごしま黒豚”を消費者の皆様に届けたい。」そんな想いを胸に、情熱を傾けて生産に取り組んでいます。 どうぞ、この自然豊かな鹿児島の地で丹精込めて育てた私たちの「かごしま黒豚」をおいしく召し上がってください。

県黒豚生産者協議会 会長 牛留道夫

鹿児島県黒豚生産者協議会の概要

県黒豚生産者協議会は、「かごしま黒豚」生産者相互の連携を図り、「かごしま黒豚」の資源確保と改良並びに、飼養管理技術の向上により、安全で美味しい豚肉の生産の促進と「かごしま黒豚」の銘柄を確立するとともに、養豚経営の安定と本県養豚振興に寄与することを目的として、平成2年に設立。

正会員の要件

「かごしま黒豚」を飼養し、県黒豚生産者協議会の目的に賛同し、以下の要件を満たす者

  1. 同一施設内で混飼をしていないこと
  2. 肥育後期に甘しょを10〜20%添加した飼料を60日以上給与できていること
  3. 出荷日齢は概ね230〜270日齢であること
  4. 登記、登録した種豚を飼養していること

会員 (平成29年12月現在)

  • 正会員  101名(12系列に属する生産者
  • 賛助会員 14名(飼料会社、食肉会社等)
  • 特別会員  3名(県、(公社)県畜産協会、(一社)県種豚改良協会)
img-responsive
鹿児島県黒豚生産者協議シンボル・ロゴマーク

これまでの活動状況

「鹿児島県黒豚生産者協議会」では、現在まで以下のような活動を行ってきました。

  • かごしま黒豚証明書制度の開始(平成4年~)
  • かごしま黒豚の東京出荷(平成6年~)
  • かごしま黒豚生産・流通・消費懇談会の開催(平成6~22年)
  • かごしまブランド産地指定(平成11年~)
  • かごしま黒豚販売指定店制度の開始(平成11年~)
  • かごしま黒豚消費者モニターの設置(平成13~20年)
  • 販売指定店へのDNA検査の実施(平成13年~)
  • かごしま黒豚味わいフェスタの開催(平成23年~)
  • かごしま黒豚こだわりの店指定の開始(平成24年~)など

生産系列(12系列)

生産系列名 住所 電話番号/FAX
鹿児島県経済農業協同組合連合会(42) 〒890-8515
鹿児島市鴨池新町15
TEL 099-258-5415
FAX 099-257-4197
九州昭和産業黒豚生産者協議会(14) 〒899-7103
志布志市志布志町志布志3309
TEL 099-473-3566
FAX 099-473-3577
霧島黒豚会(2) 〒899-4202
霧島市霧島永水4962
TEL 0995-57-3216
FAX 0995-57-3217
ナンチクグループ(6) 〒899-8605
曽於市末吉町二之方1828
TEL 0986-76-1200
FAX 0986-76-1250
南州黒豚会(14) 〒893-1206
肝属郡肝付町前田3550
TEL 0994-65-3161
FAX 0994-65-3162
坂元ファームグループ(1) 〒893-0024
鹿屋市下祓川町1349-1
TEL 0994-40-1301
FAX 0994-40-1302
サンキョーミートグループ(3) 〒899-7402
志布志市有明町野井倉6965
TEL 099-474-1118
FAX 099-474-1117
鹿児島ミートグループ(2) 〒890-0131
鹿児島市谷山港1丁目4-11
TEL 099-284-6429
FAX 099-262-1232
スターゼンミートプロセッサー(2) 〒899-1629
阿久根市塩浜町一丁目10
TEL 0996-72-0885
FAX 0996-73-3385
鹿児島中央畜産黒豚グループ(2) 〒891-0132
鹿児島市七ツ島一丁目2-11
TEL 099-261-2944
FAX 099-262-0492
山下黒豚会グループ(4) 〒899-1914
宮崎県北諸見郡三股町大字
TEL 0986-51-4000
FAX 0986-53-3701
株式会社コワダヤ(7) 〒897-0004
南さつま市加世田内山田80
TEL 0993-53-2661
FAX 0993-52-7255

※平成29年12月現在、( )内は会員数

かごしま黒豚証明書制度

高品質・生産効率低い 黒豚 質より量・経済効率に勝る 白豚

協議会が生産した、本物の「かごしま黒豚」を確実に消費者まで届けるシステムとして、平成4年から「かごしま黒豚証明書制度」を導入しています。「かごしま黒豚」には、出荷の際に生産者名、出荷年月日、証明書番号を記入した「かごしま黒豚証明書」を添付し、販売指定店まで流通します。この証明書は、かごしま黒豚ブランド産地指定基準をクリアし、「かごしまブランド産地」に指定された生産者グループのみが使用できます。なお、「かごしま黒豚証明書」は、平成11年に商標登録され、協議会に使用が認められています。

生産・流通の仕組み

県黒豚生産者協議会と生産者グループが厳格なルールのもと育てたかごしま黒豚。食肉処理場からの出荷時には証明書が添付され、枝肉と連動して流通します。販売指定店(精肉店・飲食店)に卸され、無事消費者へ届けられると、証明書は協議会・生産者クループに返還されます。このように徹底管理された流通体制により、安心・安全を守っています。

販売指定店のメリット

〈販売者〉
  • PR資材(屋久杉の看板、ポスター、のぼりなど)が利用可能
  • 精肉用のトレイ、パック等に貼付する「かごしま黒豚ミニシール」が利用可能
  • 産地(生産者)が明確な「かごしま黒豚証明書」を使用することにより、消費者に安心・安全を与える効果があるなど
〈消費者〉
  • 産地(生産者)が明確なため、品質の高い本物の「かごしま黒豚」を安心して購入できる

評価・メディアなどの掲載

ここでは、過去に「かごしま黒豚」や協議会が取り上げられたものについて一部ご紹介します。中でも、平成11年には、長年の功績を称えられ、南日本新聞社より「南日本文化賞」、平成29年には、東京への生体出荷を通した市場の発展への貢献が認められ、東京都中央卸売市場食肉市場より「感謝状」が授与されました。

平成11年南日本新聞社より南日本文化賞受賞
平成11年南日本新聞社より南日本文化賞受賞
平成29年東京食肉市場より感謝状受賞
平成29年東京食肉市場より感謝状受賞

紹介事例

  • 『「かごしま黒豚」至宝の味細い繊維、歯切れ良く〜ブランド豚肉バイヤー調査〜』(平成26年9月 日経流通新聞)
  • 『鹿児島県黒豚生産者協議会沖田速男前会長に聞く』(平成25年7月 南日本新聞)
  • 『「かごしま黒豚」黒いダイヤ大好評今後の取扱量増に期待』(平成27年11月 南日本新聞消費地の目)
  • 『「かごしま黒豚」高い品質に信頼感知名度生かし安定供給を』(平成28年12月 南日本新聞消費地の目)
  • 『「かごしま黒豚]人気幅広く軟らかくうまみも豊富~ブランド豚肉バイヤー調査~』(平成29年1月 日経流通新聞)
  • 『「かごしま黒豚」うまさに根拠~甘味・うま味成分白・輸入豚の数倍』(平成29年7月 南日本新聞)
pagetop
読み込み中 読み込み中